JUSTICE世界大学ランキングYouTubeEdu-LinkVISUALECTURE


「”週5日の菜食主義”のすすめ」グレアム・ヒル

SPEAKER:グレアム・ヒル


ベジタリアンが環境と動物に優しいことはよく知られています。しかし、肉食文化のただ中では、ベジタリアンになることは簡単ではありません。グレアム・ヒルが強力で実行可能な提案を行います。


04:04


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
一年ほど前に 私は自問しました 「これだけいろいろなことを知っていながら なぜ私はベジタリアンじゃないんだろう?」 私は地球に優しい人間です ヒッピー世代の両親に丸太小屋で育てられました 環境保全サイトtreehugger.com を立ち上げました 環境問題には関心があります 毎日ハンバーガーを一つ食べるだけで 死の危険が30%増加することも知っていました 動物への虐待については 毎年 肉のために飼育される動物が100億頭 工場飼育されていることも知っていました 私達は偽善者です 工場環境で猫や犬など ペットを飼おうとは思いもしません 驚くべきことに 環境の見地から言えば 肉の生産で生じる温暖化ガスの量は 自動車 電車 航空機 バス 船など あらゆる交通手段からの温暖化ガスの量よりも多いのです 牛肉の生産は 野菜の生産の 100倍の水を必要とします

(続きを読む…)


「魚と恋に落ちた僕」ダン・バーバー

SPEAKER:ダン・バーバー


ダン・バーバーは、今日のシェフが皆抱えている問題、つまり、「どうやったら魚をメニューに載せ続けることができるか」という問題の解決を見いだしました。徹底的な調査を行い、真顔でジョークを飛ばしながら、ダンはあこがれの「環境に優しい」魚を追い求めた顛末を熱く語ります。彼は、ついにスペインで、画期的な方式の養魚場でとれた、信じられないほど美味しい魚と出会ったのです。


19:02


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
魚との出会いは多かったけど ほんとに好きになったのは2回だけ 最初の魚には 熱烈に恋した すごい美人で 味 歯ごたえ 肉質 文句なし メニューの売れ筋だった ほんとにステキなサカナちゃん (笑) さらに良いことには 養殖魚だった それも最高レベルの 環境に優しい養魚場で育てられた だから良心の呵責なし

(続きを読む…)


「子供たちに食の教育を」ジェイミーオリバー

SPEAKER:ジェイミーオリバー


ウエストヴァージニア、ハンティントンでのアンチ肥満プロジェクトにおける物語を語りながら、TED prize 受賞者のジェイミー・オリバーが我々の食への無関心に反旗を翻します


21:58


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
残念ながら ここで18分お話する間に 4人のアメリカ人が 死ぬのです 食が原因です

僕はジェイミーオリバー 34歳です イギリスのエセックス出身です ここ7年間 人の命を救うために 努力してきました 僕は医者ではなく シェフです 高価な設備もなければ 薬もなし 情報と教育だけです

(続きを読む…)


「食料による都市の形成」キャロリン スティール

SPEAKER:キャロリン スティール


ロンドンほどの規模の都市では、毎日、三千万食が供給されています。しかし、この食料はどこからやってくるのでしょうか。建築家であるキャロリン・スティールが、食糧が毎日、都市に供給されることがいかに奇跡的であるか、また、食料が運ばれたルートによって、古代にどのようにして都市が形成されたかを語ります。


15:41


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
都市に食料を供給するにはどうすればよいのでしょう これは現代が抱える大きな問題のひとつです しかし あまり検討されない問題でもあります お店やレストラン あるいは 1時間程後に このシアターの休憩室に行けば 食べ物がどこからか魔法のように運ばれて来て 我々の為に用意されていることをあたりまえと受け止めます

(続きを読む…)


「種を通じて食料の未来を守る」キャリー・フォウラー

SPEAKER:キャリー・フォウラー


私たちが現在生産している小麦、トウモロコシ、そして米の種類は地球気候変動のため、将来が危ぶまれています。凍える山々に囲まれたノルウェーにある、未来のためのさまざまな種類の食料を蓄えている国際種子バンクをキャリー・フォウラーが紹介します。


17:06


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
私が農産物多様性に魅了され始め、もう35年が経ちます。 ジャック ハルラン という人が書いた、目立たないない学術論文に 出会ったのがきっかけでした。 彼はいろんな種類の小麦やお米など 農産物の多様性は遺伝資源だと 説明していたんです。 「遺伝子の資源が 私たちと、想像を絶するような 破滅的飢餓との間に立ちはだかっている」 と記されていたのをよく覚えています。

(続きを読む…)


「世界中に食料を与える事について」ルイズ・フレスコ

SPEAKER:ルイズ・フレスコ


ルイズ・フレスコはなぜ大量生産されたスーパーマーケット式の白パンを褒め称えるべきなのか説明します。環境保護の観点で健全な大量生産をすれば、世界に食料を与え、その一方で、小さなパン屋や伝統的な生産方法の役割も残す事ができると言います。


18:04


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
私は全く料理人ではありません 料理の実演はしませんから、心配しないで下さい しかし皆さんにお話したい事があります 皆さん全員にとっても大事な事だと思います パンの話なのですが、パンはありふれた物ですし 基本的な最必須の主要産物です そして、何かのパンを食べずに 1日が終わることはまずありません カリフォルニア低炭水化物ダイエット中でなければ パンは一般的です 西洋での日常食としてだけではなく 今からお話するように 現代生活の要なのです

(続きを読む…)


「学校給食」アン・クーパー

SPEAKER:アン・クーパー


2007年度EGコンファレンスで、「反骨の給食栄養士」アン・クーパーが学校給食の改革について論じ、地元産でサステイナブル、旬の、そして教育につながる食べ物の提供を訴えます。


19:38


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2007

全文
学校給食は社会の正義を問う問題です 私はバークリー統一校区の 食事栄養科主任です 従業員90人 17カ所で9600人の児童を抱え 一日に7100食を作り これを今まで2年続けています アメリカの子供たちの食生活を変えるために 今日お話をしたいのはこのことです この子供たちとサラダバーを見てください この校区の担当についた時 まずサラダバーを設置しました 失敗する 小さい子供はサラダバーなんか利用しない 大きい子供はつばを吐き入れる などと言われましたが そんなことは全くありませんでした

(続きを読む…)