JUSTICE世界大学ランキングYouTubeEdu-LinkVISUALECTURE


「弟が命を吹き込んだ大計画」ジェイミー・ヘイウッド

SPEAKER:ジェイミー・ヘイウッド


ジェイミー・ヘイウッドの弟はALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、ジェイミー自身も弟の闘病生活に力を注ぐことになった。ヘイウッド兄弟は精巧なウェブサイトを立ち上げ、患者が病状を共有し、経過を追うことができるようにしたのである。収集されたデータが、患者を癒し、病状を説明し、予測するのにどれだけ大きな威力を発揮するか二人は知ることになる。


16:55


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
弟が電話をしてきたのは 1998年12月のことでした あまりいいニュースじゃない とのことでした このスクリーンに映っているのが弟です ちょうどALSと診断された頃のものです ALSは平均余命が3年と言われている病気です 脊髄にある運動神経がだめになって 体が麻痺するんです それで 健康で丈夫な 29歳の男性が 自分で呼吸することも 動くことも 話すこともできなくなるのです

(続きを読む…)


「注射器を再発明する130万の理由」マーク・コスカ

SPEAKER:マーク・コスカ


毎年130万人が、運営資金の少ないクリニックでよく見かける注射器の再使用で犠牲になっています。マーク・コスカは、事実、写真、隠しカメラで捉えた映像と共に、この世界的な問題を伝え、再使用出来ない低コストの注射器を紹介します。


04:46


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
25年3か月前 私は 注射器がエイズ感染の 主な要因の一つに なるだろうという 新聞記事を読みました 私には容認できず それについて何かしようと決めました

(続きを読む…)


「幻覚が解き明かす人間のマインド」オリバー・サックス

SPEAKER:オリバー・サックス


神経科医であり作家でもあるオリバー・サックスがシャルル・ボネ症候群 ‐視覚障害者に生じる正常人が経験する幻覚症状の一種 ‐について語ります。自身の患者が体験した幻覚を心温まる細部に渡って描写しながら、あまり社会には知られていないこの現象の生態学へと案内します。


18:48


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
人は目だけではなく 脳でも見ています 想像は脳で見るものです 想像が描き出す心象は馴染みがあるでしょう どんな人だって想像はしますから しかし 幻覚もあります 幻覚は全く異なるもので 我々の創造ではありません 抑制もできません 幻覚は外から現れて 現実と区別がつきにくい

(続きを読む…)


「より良い骨髄採取方の開発」ダニエル・クラフト

SPEAKER:ダニエル・クラフト


ダニエル・クラフトが彼の骨髄採取器(メローマイナー)をデモンストレーションします。 この新しい装置は骨髄液を素早く採取し、ドナーの痛みを最小限に抑えることができます。彼は成人骨髄液中の幹細胞は、パーキンソン病から心臓病までの多くの末期症状の治療に利用可能と説いています。


04:11


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
私は小児ガンの医師で スタンフォードで幹細胞の研究もしていますが そこでは主に骨髄移植に携わってきました ジル ボルト テイラーが去年人間の脳を持ってきたことに 刺激され 私は1リットルの骨髄液を 持ってきました 骨髄液は実際多くの患者さんを救うために 私たちが使用しているものです その患者さんのほとんどは 白血病 リンパ腫 その他の進行した悪性腫瘍を抱えています

(続きを読む…)


「HIV考察: 新たな事実と驚愕のビジュアルデータ」ハンス・ロスリング

SPEAKER:ハンス・ロスリング


世界で最も致命的であり、且つ最も誤解されている病気、それがHIVです。ハンス・ロスリングがその複雑なリスク要因を解き明かす新たなビジュアルデータを披露します。感染を終わらせる鍵は、薬による治療ではなく、伝染の予防にあると主張しています。


10:00


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
(拍手) エイズの発見は1981年、エイズウイルスの発見は1983年でした このギャップマインダーのバブルが示しているのは 1983年に世界でどれだけエイズウイルスが広がっていたか 振り返ってみたものです ここで表しているのは 縦軸に感染した成人の比率 そして縦軸に一人当たりのドル換算収入です バブルの大きさ、このような円の大きさは 各国で感染した人数を示しています 色はどの大陸にその国があるかを示しています

(続きを読む…)


「来るべき神経疾患の流行における考え」グレゴリー・ペトスコ

SPEAKER:グレゴリー・ペトスコ


生化学者であるグレゴリー・ペトスコはこの50年間に世界人口の高齢化に伴って、アルツハイマー病などの神経疾患の流行が起こるだろうと主張する。彼の解決法としては”脳とその機能についての研究に注力する”ことである。


03:50


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2008

全文
私達が何か行動を起こさない限り、 次の40年間に私達は 世界規模の神経疾患の流行を目の当たりにすることになります 陽気な考えですよね この地図で青く塗られている国は その国の人口の20%以上が65歳以上の国を表しています これが私達の生きる世界です そしてこれが私達の子供が生きる世界なのです

(続きを読む…)


「痛ましいエイズの写真」クリスティーン・アシュバーン

SPEAKER:クリスティーン・アシュバーン


ドキュメンタリー写真家であるクリスティーン・アシュバーンがアフリカにおけるエイズの人への衝撃の忘れがたい写真を語る


04:40


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2003

全文
美しいジンバブエに到着した最初のとき この国の人口の35%がHIVポジティブだということを理解することは 難しいことでした 人々の家々に招かれるようになって初めて、 私は大流行から人々が受けている苦しみを理解し始めたのです 例えば、祖母と一緒に暮らすハーバートです 私が彼と初めて会ったとき、彼は祖母の膝の上に座っていました 彼の両親はともにエイズで亡くなっていて 祖母が世話をしていたのですが、彼もまたエイズで亡なりました 彼は祖母の膝の上に座るが好きでした ベッドに横たわるのがとても痛いというからです 祖母がお茶を淹れに立ちあがるときに、私が代わりに彼を 膝の上に乗せたのですが、あれほどまでに痩せ衰えた子供を抱いたことはありませんでした 暇乞いの前、私は次に来るときに何か持って来ようかと彼に聞いたのですが 私は彼がおもちゃかお菓子をねだると思っていました しかし、彼はスリッパを欲しがったのです 足が冷たいというのです

(続きを読む…)


「超多剤耐性結核(XDR-TB)と闘う」ジェームズ・ナクトウェイ

SPEAKER:ジェームズ・ナクトウェイ


フォトジャーナリストのジェームズ・ナクトウェイは、世界的医療危機を招いている超多剤耐性結核XDR-TBの力強い写真を紹介し、TEDプライズの願いが実現することを望んでいます。 詳しくはhttp://www.xdrtb.org を参照してください。


05:52


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2008

全文
[毎年1回…] […3人の卓越した個人に素晴らしい賞が授与されます。] [10万ドルを手にしますが、それよりはるかに大きいものも得られます。] [世界を変えたいという願いです。] [願いに感銘を受けた人はだれでも、実現を支援することができます。] […いま、始まります。]

(続きを読む…)


「ポジティブ心理学」マーティン・セリグマン

SPEAKER:マーティン・セリグマン


マーティン・セリグマンが心理学(学問としての、患者とセラピストの1対1の関係においての)について話します。病気を越えたことに注目が移ってきた今、現代の心理学は私たちにどのように役立つのでしょうか?


23:45


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2004

全文

私がアメリカ心理学会の会長だった時に テレビで話すことになりました このエピソードはこれからお話しすることを端的に表しています オプティミスト (楽観主義者) となるべき 11 番目の理由についての CNNの番組でした ディスカバー誌の編集長が10番目まで話し 私が11番目を説明することになっていました

CNNのスタッフが来て私に訊きました 「セリグマン教授 心理学の現状についてお話いただけますでしょうか? インタビューします」私は答えます「喜んで」 スタッフが言いました 「でもCNNですから 数秒間で話していただきます」 「どれくらい喋れますか?」 「1語ですね」

(続きを読む…)


「病原的食生活」ディーン・オーニッシュ

SPEAKER:ディーン・オーニッシュ


エイズや癌、鳥インフルエンザに嘆くのはもう終わりにしましょう。心臓病のほとんどは予防可能であるにもかかわらず、その死者数はその他全ての原因による死者数の合計よりも多い。ディーン・オーニッシュ博士が食生活の改善と世の生命保護のつながりについて語ります。


03:22


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2006

全文
エイズと鳥インフルエンザについての筋の通った心配事については 本日後ほどお話をいただきましょう ”ブリリアント”なブリリアント博士から。 私はもうひとつの流行病について話したいと思います。 心臓病、糖尿病、高血圧です。 これらの疾患は全て完ぺきに未然に防ぐことができます。 少なくとも95%の人々に関しては ただ食生活と生活習慣を改善するだけでいいのです。

(続きを読む…)