JUSTICE世界大学ランキングYouTubeEdu-LinkVISUALECTURE


「ゼロへのイノベーション」ビル=ゲイツ

SPEAKER:ビル=ゲイツ


TED2010において、ビル=ゲイツがエネルギーの将来についてのビジョンを明らかにしました。地球的規模の終末を避けるためには「奇跡」が必要であるとし、従来とは全く異なるタイプの原子炉をなぜサポートしている理由を説明します。必須の目標は?2050年には地球全体での炭酸ガス排出量をゼロにすることです。


27:49


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
今日はエネルギーと気候について話そうと思います 少し驚かれるかもしれません 私の財団での主な仕事はワクチンとか農業といったものだからです 貧しい暮らしをしている20億の人々の生活を改善するため 投資や援助が必要な分野です でも エネルギーや気象も 貧しい人々に大きな影響があります 最も影響を受けるのが貧しい人々なのです 気候が悪くなれば 何年も作物が育たなくなります 雨が降りすぎたり 足りなかったり 彼らの脆弱な環境の限界を越えて 様々な変化が起きるでしょう 飢餓が発生し 混乱や争乱が起こります つまり 気候変動は貧しい人々への脅威となるのです

(続きを読む…)


「教育に革命を!」ケン・ロビンソン卿

SPEAKER:ケン・ロビンソン卿


ケン・ロビンソン卿の今回の講演は、2006年のTEDにおける今や伝説的となった講演の続編です。洞察に満ちユーモアあふれるこの講演で、ロビンソン卿は、型にはまった学校教育から脱却し、子供の個性を重んじる教育へと抜本的に変革する必要を説いています。そのような教育環境のもとでこそ、子供たちの生まれ持った才能は花開くのです。


17:57


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
4年前 私はこの場にいました その当時 トークはまだネット配信されておらず 参加者に箱入りのDVDセットとして 配られました きっと大事にしまわれていることでしょう 取り出されることもなく

(笑)

トークの一週間後に クリスが連絡してきました 「トークをネット配信することになりました あなたのも配信して構いませんか?」「もちろん」

その後の4年間で あのトークは 4百万回ダウンロードされました 見た人の数ということであれば たぶんその20倍くらいになるでしょう そしてクリスが言うには みんな飢えているというのです 私のビデオに

(笑)

(拍手)

皆さんもそう感じませんか?

(笑)

だからこのイベントの間中ずっと 入念に準備していました では始めましょう

(笑)

アル ゴアは 私が講演したのと同じ4年前のTEDで 自然環境の危機の話をしました 私は自分の話の最後に そのトークの内容に触れました 今日はその続きから始めたいと思います なにせ18分しかないのですから ですから 先ほど申し上げた通り...

(笑)

彼の指摘は正しいのです 明らかに気候変動の重大な危機が存在します 信じられないと言う人は もっと外に出た方がいいですね (笑) でも環境の危機はもう一つあるのです 同じくらい深刻で 同じ種類の危機で 同じくらい緊急に対処しなければなりません それは... でも 皆さんは言うでしょうね「もう十分だ 危機は一つでたくさん 二つめは必要ない」 これは自然環境の問題ではなく もちろん自然環境も大事ですが 人の環境の問題です

(続きを読む…)


ケビン・サーレスは環境に優しいプラスターボードを発明しました。

SPEAKER:ケビン・サーレス


ビルの製造や建設などによる大量な二酸化炭素排出量を削減するためにケビン・サーレスはみんなが基本的な建設資財(例えばよく知られているウォールボードなど)を再考するべきだと言っています。米Serious Materialのチームが作り、彼が紹介している「EcoRock」は、効率が良く、汚染もなく、再利用可能なプラスターボードです。


03:18


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
気候に何が起きているのでしょうか。 信じられないくらい悪くなりました。 これは、北極の有名な景色ですが、 あと3、4年間で無くなってしまうことでしょう。 とても恐ろしいことです。

(続きを読む…)


「広角で捉える壊れやすい地球」ヤン・アルテュス=ベルトラン

SPEAKER:ヤン・アルテュス=ベルトラン


この映像がいっぱいの講演で、ヤン・アルテュス=ベルトランは、人類と環境に関する最近の3つのプロジェクトを紹介しています。目を見張る航空写真のシリーズ「空から見た地球」。世界中で個人的なインタビューを敢行した「ほかの60億の人々」。そして間もなく公開される映画「Home」は、人類が環境に及ぼす影響を、息を飲むような映像で記録しています。


14:58


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
ここに飛行機で来るため 私は環境に大きな影響を与えました 大気中に9トンのCO2を排出したのです これはゾウ2頭分の 重さになります 私はここに エコロジーの話をするため 来たのでした そしてフランス人1人が出す― 1年分のCO2を 排出しました どうしたら良いのでしょう? フランスに帰ったら1人殺しましょうか (笑) カーボンオフセットのため 埋め合わせをしなければなりません いつもやっているように (笑)

(続きを読む…)


「林冠の保全」ナリニ・ナドカルニ

SPEAKER:ナリニ・ナドカルニ


熱帯雨林の木々に住む鳥やサルたちはその熱帯雨林独特の生態系に守られています。ナリニ・ナドカルニはこの高木の枝葉が茂る林冠の世界を探求し、木下の世界に住む私たちとダンス、アートを通じ共存することを伝えます。


16:27


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
木にはすばらしい発見をする場所がたくさんあります その背の高く、複雑な構造 その静かなる美しさと生物の多様性 私はいつも木に登るのが大好きでした 今、大人になり科学を通じて 木と森を理解する職業に就きました

(続きを読む…)


「エネルギーを栽培したいと願う」ジュアン・エンリケ

SPEAKER:ジュアン・エンリケ


ジュアン・エンリケはバイオエネルギーの定義に異議を唱えます。石油や石炭、ガスなどの炭化水素は、化学物質というよりも むしろ植物から生じた生物学的な産物であり、それゆえ、栽培できる可能性があります。そして、燃料全般に対する考え方を変える必要性について論じます。


18:08


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2007

全文
バイオエネルギーとは何か?エタノールのことではありません バイオエネルギーは地球温暖化のことではありません 直感に反して バイオエネルギーとは 石油やガスや石炭のことです 未来に向かって架けていく橋の一部として 海を合理的に捉えたり 地球の周回軌道に人工衛星を打ち上げたり 電子レンジで温めたりできるかどうかは バイオエネルギーの理解と管理にかかっています そこでまず農業を見てみましょう

(続きを読む…)


「風車について」ウィリアム・カンカンバ

SPEAKER:ウィリアム・カンカンバ


マラウィの発明家ウィリアム・カンカンバは、わずか14歳のとき、図書館の本にあった簡単な図面をもとに、有り合わせの部品から彼の家族のために発電用の風車を作った。


04:15


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2007

全文
クリス・アンダーソン(CA):ウィリアム、ハイ ようこそ
ウィリアム・カンカンバ(WK):ありがとう

CA:それで、写真が出たね これはどこですか?
WK:私の家です ここに住んでいます
CA:どこですか? どの国ですか?
WK:カスングのマラウィです カスングにある、そうマラです
CA:オーケー 君は今19歳だよね?
WK:はい 今19歳です
CA:5年前に君は考えついたことがあるんだよね それはどんなこと?
WK:風車を作りたいと思いました

(続きを読む…)


「グリーンテックに救済と利益を見い出す」ジョン・ドゥアー

SPEAKER:ジョン・ドゥアー


「とても出来そうに思えません」ジョン・ドゥアーは気候変動と投資に関する感情のこもったスピーチで宣告します。自分の娘から世界が向かう混乱を解決するよう求められたことで拍車のかかった彼は、パートナーと共に・・・


17:49


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2007

全文
私はとても恐れています。とても出来そうに思えません 恐らく皆さんもアル・ゴアの驚くべき講演を見たことでしょう 私はそれを見た後に、友人達と家族と夕食を共にしました そこで話は、地球温暖化のことになります 全員が合意しました、これは大変な問題だと 気候は危機的な状況にあると それで、我々は一人ずつ何をすべきかについて語ったのです そして、私の15才になる娘、メアリーの番になりました 彼女は言ったのです「皆の言ったことにすべて賛成するわ 怖いし怒りも感じる」 そして私に向かって言ったのです 「パパの世代が起こした問題なんだから、ちゃんと直してよ」 みんな凍りつきました。目は私を見ています (笑) 私は言い返す言葉が浮かびませんでした クライナーの第2法則に「パニックするしかない時もある」というのがあります (笑) そして遂にその時が来たのです。この問題を甘く見ることはできません 取り返しのつかない壊滅的な結果に直面すれば 我々は行動しなければなりません、しかも断固として 正直言って、その晩から私にとって全てが変わりました

(続きを読む…)


「類人猿とヒトを分かつもの」ジェーン・グドール

SPEAKER:ジェーン・グドール


ミッシングリンクの解明には至っていませんが、霊長類学者ジェーン・グドールの功績は高く評価されています。彼女は人間と類人猿の唯一の違いは、我々の高度な「ことば」であると言い、世界を変えるためのツールとしてことばを使うことを力説しています。


27:27


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2002

全文
おはようございます ここ数日この場にいられて 感激しているところです そして 素晴らしい皆さんや これまでのTEDトークを 私が締めくくるなんて 本当に光栄です いろんな意味で 共感が持てる話がありました

エクアドルの熱帯雨林の奥地から 直接ここに来ました 飛行機じゃなければ たどり着けない場所で 顔には絵の具 頭には羽をつけた 先住民がいる場所です 彼らは石油会社の侵略や道路建設計画から 森林を守ろうと頑張っています 汚染されていない きれいな森林の中で 自らの暮らしを発展させていこうと 闘っているのです 私が驚いたことでもあり この場にぴったりだと感じたのは その熱帯雨林の真ん中に その地域 初の ソーラーパネルがあり 女たちが 水汲みに行かなくて済むよう 水用のポンプに使用されています 浄化水を得る以上の電気が得られるので 蓄電しています たしか8世帯ある この小さな村では 毎晩30分ほどだったと思いますが どの世帯も電気が使えるのです 装飾をまとった酋長はノートパソコンを持っています (笑)

(続きを読む…)


「持続可能な未来」アレックス・ステッフェン

SPEAKER:アレックス・ステッフェン


Worldchanging.comの創設者アレックス・ステッフェンが、西洋的な消費社会が発展途上国にまで拡大する現状を踏まえて、人間による「エコロジカル・フットプリント」を減らすことが致命的に重要であると唱えます。


17:31


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2005

全文
私が講演をするときはたいてい 持続可能性について詳しく説明します それについて知らない人が多いからです 今日はみなさんよくご存じなので 一分間スピーチのようなつもりで話します いいですか? 話の展開が早いので注意してください 行間を読んでください 持続可能性、小さな惑星... 小さな地球が太陽を回っています 何百万年か前に 猿が木から下りてきて 少し賢くなって火を扱えるようになり 印刷機を発明して 車輪がついた箱を作って 今私たちが暮らす社会を作ったわけです この社会は、間違いなく 非常に繁栄しておりダイナミックです でも残念なことに重大な欠陥があります

(続きを読む…)