JUSTICE世界大学ランキングYouTubeEdu-LinkVISUALECTURE


「マイクロチップの上のバイオラボ」フレデリック・バラガデ

SPEAKER:フレデリック・バラガデ


サハラ以南のアフリカでは、薬だけで病気を抑えることはできません。適切な薬を処方するための診断ツールが必要とされています。TEDのシニア・フェローであるフレデリック・バラガデが、扱いにくく高価な診断ラボをマイクロチップの大きさにまで小型化することで、ラボの能力と利用機会を何倍にも拡大することができると語ります。


04:28


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
世界の健康問題における最大の皮肉は 最も貧しい国々が 最も大きな病気の重荷を背負っていることです 世界の国々の大きさを 課題に応じて測ると サハラ以南のアフリカが エイズの被害がもっとも甚大な地域だとわかります エイズは今日 最も深刻な感染症です この地域はエイズに対処する能力が 最も欠けている地域だということもわかります 医師はほとんどいませんし 率直に言って これらの国々には このような感染症に対処するために 必要な資源がないのです

(続きを読む…)


「セックス、ドラッグ、HIV―合理的に行きましょう」エリザベス・ピザーニ

SPEAKER:エリザベス・ピザーニ


裏付けとなる論理、機知に富んだ話、そして「公衆衛生オタク」の眼鏡を装備して、エリザベス・ピザーニが、税金によってHIVの拡大に効果的に立ち向かうことを妨げる、今日の政治システムにおける無数の矛盾を明らかにします。刑務所の麻薬中毒者からカンボジアの路上のセックスワーカーまで、リスクの高い状況にある人々に関する彼女の研究によって、時には直感に反した手段が深刻な病の拡大を食い止めることができるということが証明されます。


19:14


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
「人は愚かなことをするものだ それがHIVを広める」 英ガーディアン紙に 先日あった見出しです どうでしょう これに賛成の方 挙手してください 1人か2人 勇敢な方が

実はこれ ある疫学者からの引用です HIV分野で15年間 4大陸において活動した人で 今皆さんが見ている人です

(続きを読む…)


「経験と記憶の謎」ダニエル・カーネマン

SPEAKER:ダニエル・カーネマン


ノーベル賞受賞者であり、行動経済学をつくり上げたダニエル・カーネマンが、休暇や大腸内視鏡検査の例を交えながら、「経験の自己」と「記憶の自己」の幸福の捉え方の違いを語ります。この識見は、経済や公共政策、我々の自己意識と密接な関係をもち、意味深いものです。


20:07


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
最近 幸福について話す人が多いですね 過去5年に出版され タイトルに“幸福”が 入っている本を ある人に数えてもらったところ あまりの量で 40冊ほどで諦めてしまいました 研究者たちの幸福に対する興味の高まりは かなりのものです 幸福のコーチングもたくさん行われ 皆に幸福になってもらいたいことがわかります しかし そのような努力があるにも関わらず 幸福について 明瞭に考えることを ほぼ不可能にしてしまう認知の罠が 幾つかあります

(続きを読む…)


「脳がどのように見ることを学ぶか」パワン・シンハ

SPEAKER:パワン・シンハ


パワン・シンハは人間の脳の視覚システムがどのように発達するかという画期的な研究内容を説明します。シンハ氏と同氏のチームは生まれつき目の見えない子どもたちに、無料で視力視覚回復の治療を施し、どのように視覚データを脳が解釈するのか研究しています。この研究は神経科学、技術分野、自閉症に関する洞察も含まれています。


18:23


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
もしあなたがインドで生まれつき目の見えない子どもだったら 少なくとも二つの大きな悪いニュースに 立ち向かわなければなりません 最初の悪いニュースは 視力回復の手術の機会は ほとんどないか、全くないということです なぜなら、インドのほとんどの 視力回復プログラムは 成人が対象となっており、 本当に本当に少ない病院しか 子どもの手術ができる施設がありません 実際のところ、もし治療を受けることができても おそらくは、医者の資格をもたない人に 治療を施される可能性は高いです ラジャサンのケースのようにです この女の子は3歳の孤児で 白内障です 世話人がこの子をつれて 村の祈祷師のところへ行くと この祈祷師は、世話人に 病院へ連れていくことを勧めず この子の腹部を焼くことにしました 真っ赤になるまで熱した鉄でです 彼女の中にいる悪魔を追い払うためです あなたに届けられる 二つ目の悪いニュースは 神経科学医から届きます それは、あなたが4〜5歳以上なら たとえ目の治療を受けたとしても あなたの脳がどのように物を見るかを学ぶチャンスは 本当に少ないということです 繰り返しますが、チャンスがあっても、ないに等しいのです

(続きを読む…)


「無線通信を使うこれからの医療」エリク・トポル

SPEAKER:エリク・トポル


エリク・トポルは、近いうちにスマートフォンを使って生命徴候や慢性疾患を確認するようになると説き、TEDMEDではこれからの医療で特に役立つ無線通信機器をいくつか紹介しています。これらの機器を使えば、病院のベッドで寝なくてすむ人がもっと増えるでしょう。


16:59


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
聴診器が発明されたのがいつかご存知の人はいますか 誰かご存知ですか 1816年です 私の予測では、2016年には 医師は聴診器を持ち歩かなくなるでしょう もっと優れた技術が生まれているのです それが医療の変化の一役を担っているのです

この社会を変えてきたもの それは無線通信機器です でもこれからは医療用の無線通信機器です

(続きを読む…)


「レーザーでマラリアは退治できるか」ネイサン・ミアボルド

SPEAKER:ネイサン・ミアボルド


ネイサン・ミアボルドのチームによる見事で大胆な最新の発明品は、マラリアのような大きな問題に取り組むために世界は奔放なクリエイティビティを必要としていることを再認識させます。そしてアイデアが染み入るやいなや、彼は蚊を退治する新装置のライブデモを披露します。実際に見るまではきっと信じられないことでしょう。


15:12


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
私たちは発明をしています 私の会社は 様々な領域で 多様な新技術を発明しています そうしているのには 2つの理由があります 私たちは楽しみで発明をしています 発明というのはとても楽しいものなのです そしてまた 発明は収益のためでもあります この2つは関連しています 収益が得られるまでには長くかかるため 楽しくないと続かないのです だから私たちのする多くのことは 楽しみと収益のための 発明なのですが 人道的目的の発明をするプログラムも行っており 最高の発明家たちが取り組んでいます そして世界が抱える問題に対し うまい解決のアイデアを出せないかと考えています 私たちが問題を解こうとするときには 劇的で クレージーで 型破りなソリューションを探します そういう問題に取り組んでいる 最も聡明な人間に ビル ゲイツがいます 彼は私たちの仕事にも投資しており 感謝しています それでは 私たちが抱える問題の いくつかを簡単にご説明し 開発中のソリューションを 2つばかりご覧いただこうと思います

(続きを読む…)


「より良い骨髄採取方の開発」ダニエル・クラフト

SPEAKER:ダニエル・クラフト


ダニエル・クラフトが彼の骨髄採取器(メローマイナー)をデモンストレーションします。 この新しい装置は骨髄液を素早く採取し、ドナーの痛みを最小限に抑えることができます。彼は成人骨髄液中の幹細胞は、パーキンソン病から心臓病までの多くの末期症状の治療に利用可能と説いています。


04:11


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
私は小児ガンの医師で スタンフォードで幹細胞の研究もしていますが そこでは主に骨髄移植に携わってきました ジル ボルト テイラーが去年人間の脳を持ってきたことに 刺激され 私は1リットルの骨髄液を 持ってきました 骨髄液は実際多くの患者さんを救うために 私たちが使用しているものです その患者さんのほとんどは 白血病 リンパ腫 その他の進行した悪性腫瘍を抱えています

(続きを読む…)


「外科の過去、現在とロボットのある未来」キャサリン・モーア

SPEAKER:キャサリン・モーア


外科医で発明家のキャサリン・モーアが外科の歴史(痛み止め・麻酔なしの時代)を概説した後、小さな切開口から精巧なロボットハンドで手術を行う最新のツールをデモします。—魅力的ですがすぐ気分の悪くなる方には向きません。


18:52


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
外科用のロボットの話は 外科手術の話でもあります 私のイメージをあまりビジュアルにするつもりはないのですが 外科医は、普通の人々とは違った関係を、血液に対して 持っています なぜなら、結局のところ、外科医が患者に行う医療行為は もし同意なしに行えば 重罪だからです 外科医は仕立屋であり、配管工であり 大工であり、肉屋だとさえ 医学界では言われます 切断し、形を整え、作り直し、 バイパスし、修理します 一方外科の技術の進歩と並んで 道具の進歩も考えなくてはなりません

(続きを読む…)


「12組の足(義足)」エミー・マランス

SPEAKER:エミー・マランス


アスリート、女優、活動家であるエミー・マランスが12組のすばらしい義足について、さらに義足がエミーに与えたスピード、美しさ、プラス15cmの身長などのスーパーパワーについて語ります。とても分かりやすく、人間の身体の可能性を再定義します。


10:02


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
子ども博物館で6~8才の 子供300人と話す機会があって ここにあるような義足を カバンいっぱい持って行き 机の上に並べたの 子供は本来見知らぬものや 異質なものに対して 好奇心旺盛 大人が恐怖心を植えつけたり 失礼がないようにと 子供の好奇心を押さえ込んだり 質問を遮ったりするから 子供は異質なものを恐れてしまう 実際先生がはしゃぐ子供たちに言ったわ 「間違ってもエミーさんの足を」 「じろじろ見ないこと」

(続きを読む…)


「ポジティブ心理学」マーティン・セリグマン

SPEAKER:マーティン・セリグマン


マーティン・セリグマンが心理学(学問としての、患者とセラピストの1対1の関係においての)について話します。病気を越えたことに注目が移ってきた今、現代の心理学は私たちにどのように役立つのでしょうか?


23:45


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2004

全文

私がアメリカ心理学会の会長だった時に テレビで話すことになりました このエピソードはこれからお話しすることを端的に表しています オプティミスト (楽観主義者) となるべき 11 番目の理由についての CNNの番組でした ディスカバー誌の編集長が10番目まで話し 私が11番目を説明することになっていました

CNNのスタッフが来て私に訊きました 「セリグマン教授 心理学の現状についてお話いただけますでしょうか? インタビューします」私は答えます「喜んで」 スタッフが言いました 「でもCNNですから 数秒間で話していただきます」 「どれくらい喋れますか?」 「1語ですね」

(続きを読む…)