JUSTICE世界大学ランキングYouTubeEdu-LinkVISUALECTURE


「本物のニュースとは」カーク・シトロン

SPEAKER:カーク・シトロン


我々が今接しているニュースの中で、100年後も重要なものはどれ程あるでしょうか?1000個ぐらい?カーク・シトロンの「ロング・ニュース (Long News) 」プロジェクトは、現在重要なだけでなく、何十年も-もしくは何世紀も-響き渡るニュースを集めています。TED2010で、シトロンは我々の将来を形作るかもしれない最近のニュース記事に焦点を当てます。


03:22


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
私たちはニュースの海に溺れています ロイターだけで1年に 350万ものニュース記事を配信しています たった1社で、です

そのうちどれ程のニュースが 長期的に見て重要なものでしょう? それが「ロング ニュース」の背景にある考え方です これはケビン ケリーやスチュアート ブランドといった TED仲間が設立した ロング ナウ協会によるプロジェクトです 私たちが探しているのは 50年後、100年後、1万年後でも重要なニュース記事です そのようなフィルターを通して見た時 残るニュースは多くありません

(続きを読む…)


「ソーシャルメディアはいかに歴史を作りうるか」クレイ・シャーキー

SPEAKER:クレイ・シャーキー


イランからのニュースが世界を飛び交う中、Facebook、Twitter、テキストメッセージが、抑圧的な体制下にいる市民たちに、(一時ではあれ)検閲をかいくぐり、本当のニュースを伝えるための手段を与えていることをクレイ・シャーキーが示します。ニュースが上からコントロールされる時代の終わりは、政治の本質さえ変えているのです。


15:48


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
メディアをめぐる 状況の変化についてお話します それは世界に伝えたいメッセージを持つ人にとって いったいどんな意味を持つのか? いくつかの事例を通して この変化を説明します

まずは 去年11月の大統領選挙です おそらく新聞でご覧になっているでしょう 一部の地域で 投票妨害に対する― 懸念が持たれていました 投票をビデオに撮ろう という話になりました 写真や動画を撮れる携帯を持った人が 自分の行った投票所を記録に収め 何らかの投票妨害が 行われてないか見張るわけです 撮った映像は一か所に集められます これは一種の市民による監視として機能します 彼らは自分の投票をするだけではありません 投票全体の神聖が犯されないよう 活動するのです

(続きを読む…)


「ニュースのニュースについて」アリサ・ミラー

SPEAKER:アリサ・ミラー


Public Radio Internationalの社長アリサ・ミラーが、なぜ世の中の最新情報への要望が増しているにも関わらず、アメリカのメディアの取材が減っているのかについて語る。驚くべきの統計と図。


04:26


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2008

全文
ニュースは私たちの世界への見方をどの様に形作っているのでしょうか? こちらの世界地図をご覧ください。大陸の面積に基づいたものです そして、こちらはニュースの影響によるアメリカ人が見ているものです この地図は 米国ネットワークやケーブルニュース組織が 各国に関する記事の報道に費やした秒数を表しています 2007年の2月、ちょうど一年前です この2月は北朝鮮が核施設を廃棄する事に同意した月です インドネシアでは大洪水がありました パリでは、IPCCが人間による温暖化への影響が確認された研究論文を公開しました 米国のニュースは総報道時間の79%を占めました そして、米国を除いて、残りの21%を見ると イラクはよく見えますね。あのでかいカタマリです。後はよく見えません たとえば、ロシアと中国とインドの報道時間は1%にしか満たしません

(続きを読む…)