JUSTICE世界大学ランキングYouTubeEdu-LinkVISUALECTURE


「選択術」シーナ・ アイアンガ-

SPEAKER:シーナ・ アイアンガ-


シーナ・アイアンガーは人が選択する方法や傾向、感情を研究しています。TEDGlobalでは、コーラVSペプシといった日常的な選択からシリアスなものに渡り、選択における 驚くべき見解を明らかにします。


24:09


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
今日は18分間 みなさんを世界に案内します 私の活動ベースは米国ですが まずは 遠く離れた― 京都での話から始めます 日本人家庭に下宿し 学位論文の調査をしていました 15年前のことです カルチャーショックや誤解を 経験するとは思っていましたが 予想もしない形で訪れました

日本到着の1日目 レストランに入り “砂糖入り”の緑茶をオーダー ウェイターが一瞬戸惑い 言いました “緑茶に砂糖は入れません” “その習慣は知っていますが 甘い緑茶が好きなんです” 前よりも礼儀正しい口調で 同じことを言われました “緑茶には… 砂糖を入れませんので…” “日本人が無糖で飲むのは 十分存じていますが わたくしは 砂糖を入れるんです” (会場の笑い声) 私がしつこいので 彼は困って 店長のもとへ すると間もなく 彼らは長い話し合いをし 最終的に店長が謝りに来ました “あいにく 砂糖がございません…” (会場の笑い声) 私好みの緑茶がないので コーヒーを頼みました すぐさま コーヒーが運ばれ そこで見たのは 2袋の砂糖!

私の注文 甘い緑茶が 通らなかった原因は 単純な誤解ではありません 選択に対する双方の 根本的な考え方の違いです 米国人の考え方では お客さんが好みに基づいた 分別ある要求をする限り 叶えてもらう権利があります バーガーキング曰く “自己流で召し上がれ” スタバ 曰く “幸せは選択肢にある” (会場の笑い声) でも 日本人の考えでは 無知な人を護るのは我らの務め (会場の笑い声) この場合 無知なガイジンを 誤った選択から護ること 私好みの緑茶は 文化的基準に不適切 私の面子を保とうと彼らは努めました

反して 米国人は 選択術の頂点を 極めていると考えがち すべての人間は先天的に 選択肢を求めるものだと― 米国人は思っています 残念ながら それは思い込みであり 異なる国や文化では 当てはまらないこともあります 米国においてですら 時には当てはまりません これらの思い込みと それに伴う問題について話します みなさんも ご自分の思い込みや それが形成された過程を 一緒に考えてみてください

1つめの思い込み “選択が自分に影響をもたらすなら 自分が選択するべきだ 己の優先事項や利益を 最大限 反映させるには 自ら 選択するしかない” 成功には不可欠です 米国では 第一の選択権は 個人にあります 自分で選択するのが当たり前 人に左右されず信念を守る 自分に正直に生きる でも この選択方法が 万人に有利と言えるでしょうか マーク リッパーと共に この疑問を解く調査をしました このリサーチで サンフランシスコの日本人街に行き 7~9歳の白人系とアジア系米国人を 研究所に呼び 子供を3グループに分けました

第1グループに スミスを紹介し 6つの文字並べ替えパズルを見せました 子供は 好きなパズルを選択 答えを書くマーカーペンまで 選択できます 第2グループが同じ部屋で 同じパズルを見せられます でも今回はスミスが どのパズルをするか どのマーカーを使うかを指示 第3グループは 母親が決めたパズルとマーカーを 使うよう指示されます (会場の笑い声) 実際には スミス または母親に 指示を受けたとは言え 作業はまったく同じ 第1グループだけは 選択の自由がありました

この手順で 3グループに 同じ作業を与え 成果を比較しやすいように アレンジしました 小さな差を設けただけですが 子供の成果に  目を見張る差がでました 白人系米国人は 自分でパズルを選んだ場合 2.5倍もの量を解きました このデータは スミスや母親が決めた時との比較です 誰が選ぶかには関係なく 他人から命令されると 能力が落ちました 母親が決めたと言うと 露骨に恥ずかしがる子もいました (会場の笑い声) メアリーという子が言いました “なんで ママに聞くわけ?”

(会場の笑い声)

それと反対に アジア系米国人の子供は 母親が選んだ時 最もよく出来ました 2番目が自分で選択した時 最下がスミスが選んだ時でした なつみという子は 別れ際 スミスに駆け寄り ぴったり くっついて言いました “ママの言う通りにしたって ママに伝えてくれる?” 二世である子供は 選択において 移民である両親から 強い影響を受けていました 彼らにとって 選択とは 個性の明示や主張の 手段だけでなく 信用し尊敬する人たちに 選択をゆだねることで 社会や調和を築く手段でもあります “自分に正直に”という考えを持つとすれば おそらく 彼らの“自己”は 個人ではなく 集団的なものでしょう 大切な人を喜ばせることは 自分自身の望みを 満たすことに匹敵する 言葉を変えれば 個人の選択傾向は 特定の人の望みによって形成されている

自分が下す決断が 最も正しいという思い込みが 成り立つのは 自己が明らかに 他者から隔てられているときのみ それに反して 何名かの選択と成果が 絡み合っている場合 共同体として選択することで 互いの達成感が 高まることがあります 逆に 個人の選択に徹すれば 互いの能力や関係まで 損なう結果になりかねません されど これが アメリカの模範 相互存存をほとんど認めず 人間の不完全性に対する 認識に欠けています 選択は 私的なもので 自ら定める行為だと見なされる このような模範の中で育った人なら 刺激を感じるでしょう でも 誰もがプレッシャーの中 一人で選択しながら 成長すると思うのは間違いです

米国人が持つ― 2つ目の思い込み “選択肢が 多ければ多いほど 最高の決断をする” ウォールマートには10万の品数 アマゾンには2700万冊の本 出会いサイト Match.comでは 現在 1500万人の登録者 それゃ最高のパートナーが見つかるでしょう 東ヨーロッパを例に この思い込みをテストしましょう インタビューを行いました 共産主義から 民主的かつ資本主義への 移行を経験した人を 集めて話を聞きました 興味深い事実は インタビュー中ではなく 単なる もてなしの場で発見しました 参加者がインタビューに現れたとき 飲み物を勧めました コーラやスプライトなど 全部で7種類のソーダ

最初のインタビューは ロシアで行いました 参加者の一人が言ったことに 不意を突かれました “どれでもいいです 結局どれも炭酸飲料ですから” (会場のざわめき) このコメントに衝撃を受け 全員に7種のソーダを 勧め始めました 選択肢はいくつかと 皆に尋ねました 彼らは7種のソーダを7つの選択肢ではなく 1つのものとして 見ていました 果汁ジュースと水を 7種のソーダに加えたら 選択肢は3つと言いました 果汁ジュースと水とソーダ これに比べ 米国人の多くは ソーダのフレーバーだけでなく ブランドにも とことん こだわります 調査結果が示すように 消費者はコーラとペプシを 実際には 区別できません もちろん 会場の私たちは コーラのほうがよいと分かってる

(会場の笑い声)

他国に比べても 現代の米国は 選択肢や 広告で飽和しています 自ら選択した商品は 自らの存在を表しているようなもの “多いほどベター”という思い込みを加えると 細部にこだわり 全ての選択は重要― そんなグループが成立します でも 東欧人にしてみれば 突然 店頭に並んだ― 数々の商品は圧倒的 泳げないと反論する間もなく 選択の海に投げこまれたようなもの 選択という言葉で 何を連想するか― ワルシャワ出身の グレゴアさんに尋ねました “私には恐怖です ジレンマを抱いています 選択するのに慣れてませんから” キエフ出身のボーディンさんは 新しい消費者市場に対し こんな意見を述べました “限度を超えている こんなに多くの商品は必要ない” ワルシャワ調査局の 社会学者はこう説明しました “年配の世代は 何もない社会から 選択の社会に飛び込びました 彼らは どう対応していいのか 学ぶ機会がなかったのです” 若いポーランド人 トーマス曰く “20種類のガムなど必要ない 選択肢は要らないという意味ではないが 見せかけの選択肢が多いと思う”

実際に 多くの選択肢には たいした差はありません 選択の価値は 数ある中から違いを見出す― 我々の能力に左右されます 米国人は 一生涯を通して 違いを見出す訓練をしています 幼い頃から 訓練してますから 先天的に持つ能力だと 米国人は思っています 人間は皆 選択に対し 基本的なニーズや欲望を持っていますが 誰もが 同じ環境または度合いで 選択をとらえる訳ではありません 複数の選択肢に 違いを見出せない 比較するには選択肢が多すぎる そんな時 選択という行為は 複雑で ストレスの原因になります よりよい選択をするどころか 困惑してしまいます 時には 恐れすら感じます 選択が 好機をもたらすどころか 強要され 縛られます 選択が象徴するものは 開放ではなく 無意味でくだらない抑圧 言い換えると 心の準備ができてない人に 選択を強要すれば 米国人がイメージする― 選択のあらゆる要素が まったく逆のものに変化し得るのです 増え続ける選択肢に プレッシャーを感じているのは 他国の人だけではありません 米国人だって 実際に 選択肢を多く持つよりも “無数の選択”という理論を 語るほうが魅力的― そう 気づき始めています

人間は皆 身体的 精神的― 感情的な限界があり 何から何まで 選択するのは不可能 一生涯で行う― 選択の数は莫大です 私の研究結果が示すように 10以上の選択肢を与えると 人間の決断力は鈍ります 健康保険であれ 投資であれ その他の重要な物事でもそうです それでも 多くの人は 自分ですべて選択するべきだ さらなる選択肢を探すべきだと言う

これが最も問題のある― 3つ目の思い込みと関係します “選択肢を前に 決して 背をむけてはならない” これを試すべく 米国に話を戻し その後 フランスに移りましょう シカゴの郊外で 若い夫婦 スーザンとダニエルに 一人目の子が誕生しようとしていました 赤ちゃんの名前も決めました 祖母の名をとり バーバラ 妊娠7ヶ月のある夜 陣痛が始まり 救急病院に急ぎました 帝王切開で生まれた 娘のバーバラは 脳無酸素症でした 脳内の酸素不足です 自分では呼吸ができず 人工呼吸器を装着 2日が経ち ドクターはこの夫妻に 選択肢を与えました 生命維持装置を 外すべきか この場合 娘は数時間で亡くなります もしくは 延命処置を続けるか この場合も 数日で 亡くなる可能性があります 生き延びたとしても 一生 植物状態のまま 歩くことも 話すことも 人との交流も不可能 この夫婦はどうしたでしょう? 一般的な親ならどうするでしょう?

二人の研究者と共に リサーチを行い 米国人とフランス人の親を インタビューしました 彼らは 皆― 同じ悲劇で苦しんだ人たち どのケースも 生命維持装置は外され 彼らの赤ちゃんは亡くなりました でも 1つ大きな差がありました フランスでは 生命維持装置を外すべきか― また その時期を決めるのは医師 米国では 最終決断を下すのは親 私たちは考えました わが子の喪失と向き合う上で この事実は 影響を及ぼすのか? 影響していました 1年経っても 米国人の親は 否定的な感情を表す傾向がありました 対して フランス人の親は こんなことを言いました “息子との時間は 僅かだったけど たくさんのことを教えてくれた 新しい人生観を与えてくれた”

米国人の親は こんなことを言いました “もし 他の選択をしていたら?” 別の親の不満 “ドクターの意図的な拷問としか思えない なぜ あんな事を私にさせるの?” 別の親の言葉 “死刑執行に加担した― そんな心境です” でも 米国人の親は ドクターが決断したほうが良かったかと 尋ねられると 全員 ノーと答えました 彼らには その選択を 他者に委ねるなど考えられなかった 自分で選んだ結果 罪悪感や 怒りに苛まれたとしても 多くの人は うつ病と診断されていました なぜ 彼らは選択放棄を 熟思できなかったのか? 選択を放棄することは 今まで教わってきたことや 選択が持つ目的や 選択が持つ力への 信念に反するからです

ジョーン ディディオンのエッセイ― 「60年代の過ぎた朝」から引用します “人は生きるために 物語に意味づけをする 現実を分析し 多数の選択肢から 最も有効なものを選ぶ 心に浮かぶ断片的な 回想イメージを 物語の筋書きにこじつけ 刻々と変わる情景を 意識的に静止させながら 我々は生きている”  米国人が語る信念 アメリカンドリームに基づいた― 限りない選択の物語 この物語は 実に多くを保証します 自由や幸福 そして成功 揺ぎない世界を築き 語りかけます “何だって 手に入れられる” 素晴しい物語です 信念を貫きたいのも 理解できます でも 注意深く見てみると 落とし穴が見えてきます この物語が色んな形で 語ることができると気づき始めます

米国人は 何度も 米国の選択観を広めようとしました オープンな心と知性をもって 受け入れられるものだと信じて しかし歴史書や新聞で見られるように そう うまくは行きません 刻々と変わる情景― 物語を通して 理解し 理由付ける行いは ところ変われば その姿を変えます 万人のニーズにかなう― 物語は存在しません また 米国人も 長年 選択を左右してきた― 自らの物語に 新しい見方を取り込むことで 恩恵を受けられます

ロバート フロストの言葉 “詩は 翻訳の過程で失われた” この言葉が示唆するのは どんなに美しく 感動的で 新しい見解をもたらす詩であろうが 他の言語を話す人には 伝わらない ということ 反して ヨシフ ブロツキー曰く “詩は 翻訳の過程で 向上したのだ” 翻訳とは 創造的で 影響力のある行為だと 示唆しています 選択に関して言えば 多くの物語の翻訳物に関わることで 失うものよりも 得るものが多いのです 物語を別のものに 取り替えるのではなく 既存する色んなバージョンや 今後書かれていくバージョンから 学び 楽しむことができるのです どこで生まれようが 物語がなんであれ 選択が持つ― 幅広い可能性や 数多くの意味に 心を開ける責任が我々にはあります この考えが モラル相対主義を 麻痺させることはありません むしろ いつ どのように 行動すべきか 教えてくれます 選択がもつ可能性に 気づかせてくれます 希望を吹き込み 保証はあっても 必ずしも実現しない― 自由の獲得へと近づきます たとえ 翻訳を通してでも 他者との交流を学べば 選択がいかに 奇妙で 複雑で 絶対的な美しさを持つか 分かるはずです

ありがとうございます

(会場の拍手)

ありがとうございました 貴女に関することで パンフレットには 書かれていないことがあります もう皆さんもお気づきでしょうが 目が不自由です 誰もが この疑問を抱いたと思います 目の障害が どんな影響を及ぼすのか? 選択という行為は 美的感覚や色など 視覚的な情報と関連していますよね?

面白い質問ですね 盲目として生きてて 面白いことは 目の見える人が選択するのを 観察する上で 異なる利点があるんです おっしゃるように 視覚的な選択も 最近ではたくさんあります 察しはつくでしょうが 選択で イライラすることもあります 例えば 色を選ぶとき 他人の提案に頼るしかなく 自分では 決められません ある日 マニキュア購入の際 2色の薄ピンクで迷っていました 1つ目の名前は “バレエ シューズ” もう1つは “可憐” (会場の笑い声) 2人の女性に意見を求めました 1人のお勧めは “バレエ シューズ” “どんな色?” “とてもエレガントなピンクよ” “あら いいわね” もう1人のお勧めは “可憐” “どんな色?” “華やかなピンクよ” 今度は2人に尋ねました “2色には どんな違いがあるの?” “1つはエレガント もう片方は華やか” さっきと同じ答えです 2人の意見が一致したのは もし目が見えたら その違いが はっきりと分かるだろう ということ

(会場の笑い)

選択に影響を与えるのは 名前の印象? それとも色? そこで 実験をしてみました 研究室に 2本のマニキュアを持ち込み ラベルをはがしました 研究室に女性を呼び どちらを選ぶか尋ねました 半数の人は 疑ってかかりました 私が2本に まったく同じ色を 入れたんじゃないかと (会場の笑い) (会場の拍手) トリックにかかったのは誰でしょう? とにかく 色を区別できた人たちは ラベルなしだと “可憐”を選び ラベルがあると “バレエ シューズ”を選びました 盲目の私に言えるのは バラに 別の名を与えれば 花のイメージや 香りまで 変わるのでしょう

シーナさん ありがとうございました

(会場の拍手)