JUSTICE世界大学ランキングYouTubeEdu-LinkVISUALECTURE


Home > TED

「学習障害に対するセカンドオピニオン」アディティ・シャンカーダス

SPEAKER:アディティ・シャンカーダス


子どもの発達障害の一般的な診断の仕方は、彼らの行動を観察することですが、アディティ・シャンカーダスは脳を直接見るべきだと言います。シャンカーダスの研究所にある驚くべき脳波図計が従来の間違った診断を明らかにし、子どもたちの人生を変えた様子を語ります。


07:17


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
私が10歳のとき 医学生のいとこが 彼の大学を案内してくれました 特別にと 病理学研究室に 私を入れてくれたのです 彼は 瓶に入っていた― 人間の脳を取りだし 私の手にのせてくれました そこには 人間の意識の源― 人間の体を司るものが のっていました そのときです 大人になったら 神経学者か 科学者になると確信しました

それから何年も経過して 私の夢は叶いました 博士号のテーマは 神経に起因する― 子どもの失読症 でした そのときに私が直面した― 驚きの事実を今日はお話しします 6人に1人の子どもが 発達障害を抱えると 推定されています 発達障害とは 子どもの 精神的発達が遅滞し 一生続く精神障害の原因となるものです この会場にいる皆さん誰もが 発達障害の子どもを 1人は知っている計算になります

(続きを読む…)


「Pivotはウェブ探索における分岐点となるか?」ゲリー・フレーク

SPEAKER:ゲリー・フレーク


ゲリー・フレークがPivotのデモをお見せします。Pivotはネットにある膨大な画像やデータを整理し閲覧するためのソフトで、革新的技術Seadragonを基盤にしており、ウェブデータベースに自在にズームイン・ズームアウトして、通常のウェブブラウジングでは見えないパターンや関連の発見を可能にします


06:18


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
今日私が大きなアイデアを一つだけ お伝えできるとしたら、それは データの全体から我々が得られるものは、 部分の和よりも大きいということです。 情報過多ではなく、どうすれば 通常見えていないパターン、 傾向を見つけることが出来るのか 考えてみて下さい。

今ご覧頂いているのは典型的な 年齢別死亡率のグラフです。 今使っているツールは実験段階のもので、 Pivotです。これを使えばある特定の 死因のデータだけ抽出することができます。例えば事故。 そしてすぐ別の傾向があることを確認できます。 理由はここ、中ほどでは 人々は最も活動的で、次に こちら側では最も体が弱いからです。 前に戻って データを死因で並べなおすこともできます 循環器系疾患とガンが最も高いですが 全員に対してというわけではありません。 さらに年齢で絞って 40歳以下を見てみましょう 事故がその年代の人々にとって 最も注意すべき死因だとわかりますね。 特に男性が要注意であることもわかります。

(続きを読む…)


「塔を建て、チームを作る」トム・ウージェック

SPEAKER:トム・ウージェック


トム・ウージェックが「マシュマロ・チャレンジ」についての驚くほど詳しい研究を発表します。「マシュマロ・チャレンジ」とは、スパゲッティの乾麺、90センチのテープと一つのマシュマロを使って行われる単純なチーム・ビルディングの演習です。これらを使って一番高い塔を建てられるのは誰でしょう?なぜ驚くべきグループの人々がいつも平均以上の成績を残すのでしょう?


06:52


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
数年前のTEDでピーター スキルマンが マシュマロ チャレンジという デザインの課題を紹介してくれました ルールはとても単純です 4人から成るチームが 20本のスパゲッティと テープとひもを90センチずつ、それにマシュマロで できるだけ高い自立式の建造物を作るのです マシュマロを一番上に乗せなければなりません 簡単そうですが、実はかなり難しいんです チームの人と素早く 協力しなければいけませんから これは面白いと思って デザインの講習に組み込んでみました 大成功でした それ以来 世界中で70回ぐらい行っています 学生やデザイナーや建築家、そして フォーチュン50企業のCTOまでが参加しています この演習には 共同作業の本質に関わる 深い教訓が含まれています その一部をご紹介します

(続きを読む…)


「大人は子供から何を学べるか」アドーラ・スヴィタク

SPEAKER:アドーラ・スヴィタク


神童アドーラ・スヴィタクは、世界には「子供っぽい」考え方が必要だと言います。大胆なアイデア、奔放な創造力、そして何よりも楽観的であること。子供たちの大きな夢は高い期待を受けるにふさわしいものであり、大人は子供に教えるのと同じくらいに、子供からも学ぶようにしてほしいと彼女は言います。


08:13


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
最初に質問があります 「子供っぽい」と最後に言われたのはいつのことですか? 私なんかは 「子供っぽい」ことはよしなさいと しょっちゅう言われます 何か道理に合わない要求をしているときとか 無責任な行動を取ったときとか そのほか何であれ 普通に アメリカ人らしいことをすると 「子供っぽい」と言われます 本当にうんざりです 世界の問題を考えてみてください 帝国主義に 植民地支配 世界大戦に ジョージ W ブッシュ 一体誰のせいでしょうか? 大人たちです

(続きを読む…)


「新世代地図の実演」ブレイス・アグエラ・ヤルカス

SPEAKER:ブレイス・アグエラ・ヤルカス


TED2010で観衆が息を飲んだデモンストレーションにてブレイス・アグエラ・ヤルカスがマイクロソフトの拡張現実的地図の実演をお見せします。


08:14


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
このTEDの場で2007年に公演をした スティーブン ローラ-によって、私は1年半前くらいに マイクロソフトが取り組んでいる オンラインマップ Bing Maps の アーキテクトに取り立てられました。 ここ2年半でオンライン上の地図の仕組みを 再定義するため一生懸命働きましたね。 そうして以前あったような地図サイトや ナビサイトとは大きく異なるものが 出来てきていると思います。

この地図を見て初めに気付くことは 流れるような拡大とパンの動きでしょう。 Seadragonをご存知かもしれませんが これはその技術を使っています。

(続きを読む…)


「文明を形成したニューロン」ヴィラヤヌル・ラマチャンドラン

SPEAKER:ヴィラヤヌル・ラマチャンドラン


神経学者であるヴィラヤヌル・ラマチャンドランが、ミラーニューロンの興味深い機能について語ります。発見されたばかりのミラーニューロンの研究を通じて、ミラーニューロンのおかげで人間は複雑な社会的振る舞いを身につけることが分かってきました。ニューロンの振る舞いが、わたしたち人類の文明の基礎を築いたのです


07:44


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
本日は人間の脳についてお話したいと思います 私たちはカルフォルニア大学で脳を研究しています 脳について少し考えてみてください ここにあなたの手のひらに収まる 約1.5kgの肉の塊があります それは宇宙の広大さを考えることができます それは無限の意味を考えることができ また 自身の存在の意味や神とは何かについて 問うことができます

(続きを読む…)


「私のホームレス体験」ベッキー・ブラントン

SPEAKER:ベッキー・ブラントン


ベッキー・ブラントンは、一年間バン暮らしながら旅をして回ろうと考えました。しかし鬱になり、フリーランスの職を失った時、彼女のキャンプ旅行はホームレス状態に変わりました。この個人的トークで、彼女は自分がアメリカのワーキングホームレスの一人になった時の体験を語ります。


07:10


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
私は作家兼ジャーナリストです そしてものすごく好奇心も強いんです ジャーナリストとしての22年間 たくさんのことを覚えてきました そして3年前には 透明人間になったのです 私は「働くホームレス」になったのです 同じ年の2月、父が亡くなり、 私は新聞の編集員の仕事を辞めました そして旅行する事にしました 父の死はつらかった そして旅の間に、感じたい事、やりたい事がたくさんありました

(続きを読む…)


「グローバルな未来を航海するために」イアン・ゴールディン

SPEAKER:イアン・ゴールディン


グローバリゼーションとテクノロジーの発展が新たな統合された未来に向けて人類を疾走させる中で、ゴールディンは全ての人々が平等に恩恵を受けるわけではないと警告を発します。と同時に、もし私たちがこの危険に気づいたならば、全ての人の生活向上につながる道筋を描くことも可能かもしれないと述べています。


07:07


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
知っての通り未来とは予測のつかないものです 最高の組織で働く最高の知能を持つ人々ですら 日常的に間違うのです テクノロジーの分野でも政治でも、 専門家やCIA, MI6は常に過ちを犯しています 明らかにファイナンスの分野でもそうです IMFや国際決済銀行、金融安定化フォーラムといった 未来を考えるための機関ですら何が起こるのかわかりませんでした そこで働くために厳しい競争をしてきた 2万人以上のエコノミストたちも 何が起きているのかわかりませんでした

(続きを読む…)


「今後現れるシンギュラリティ(技術的特異点)を学ぶ大学」レイ・カーツワイル

SPEAKER:レイ・カーツワイル


レイ・カーツワイルの分析によると、最新の情報技術は好景気・不景気にかかわらず進化しつづけます。彼は彼の新しいプロジェクトを紹介しています。シンギュラリティ大学、最新の情報技術を学んで人類に貢献する手助けをする大学です


08:45


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
IT技術は指数的に進化していきます 直線的ではなく、指数的です そして、私たちの感覚は直線的です 私たちが何千年前にサバンナを歩いていたころ どこに動物がいるか、直線的に予測していました そういうやりかたはうまくいってきました そして、私たちの頭にこびりついているのです しかし、IT技術は 本当に指数的に進化していきます コンピュータだけの話ではありません 直線的と指数的には本当に大きな違いがあります 直線的に30回進むとしましょう。1,2,3,4,5, 30になりました もし指数的に30回進めば、2,4,8,16 10億になります 本当に大きな違いです IT技術はこういうことなんです

(続きを読む…)


「私たちは数十億の種を貯蔵しています」ジョナタン・ドロリー

SPEAKER:ジョナタン・ドロリー


TED U 2009年の短い話では、ジョナタン・ドロリーは生物多様性を守るように強調しています。植物が我々の生命を維持しているということを主張して、30億の種を貯蔵しているミレニアム・シード・バンクの考え方を共有しています。


06:38


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
すべての人間の生命 すべての生命は植物に依存しています そのことを少しお話ししたいと思います ちょっと考えてみてください みなさんがアフリカの小さな村に住んでいたとしても 大都会に住んでいたとしても、 あらゆるものは結局は植物に由来するものです 食品、薬、 燃料、建設工事、衣類、 などのすべての目に見えるもの、 あるいは私たちにとって大切な精神的なものやレクリエーションもそうです あるいは土壌形成、 その大気への影響 一次的生産などもそうです なんと、ここにある書物さえ植物から作られているのです これらのものはすべて植物に由来するのです もし植物がなかったとしたら私たちもここにはいなかったでしょう。

(続きを読む…)