JUSTICE世界大学ランキングYouTubeEdu-LinkVISUALECTURE


Home > TED

「選択術」シーナ・ アイアンガ-

SPEAKER:シーナ・ アイアンガ-


シーナ・アイアンガーは人が選択する方法や傾向、感情を研究しています。TEDGlobalでは、コーラVSペプシといった日常的な選択からシリアスなものに渡り、選択における 驚くべき見解を明らかにします。


24:09


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
今日は18分間 みなさんを世界に案内します 私の活動ベースは米国ですが まずは 遠く離れた― 京都での話から始めます 日本人家庭に下宿し 学位論文の調査をしていました 15年前のことです カルチャーショックや誤解を 経験するとは思っていましたが 予想もしない形で訪れました

日本到着の1日目 レストランに入り “砂糖入り”の緑茶をオーダー ウェイターが一瞬戸惑い 言いました “緑茶に砂糖は入れません” “その習慣は知っていますが 甘い緑茶が好きなんです” 前よりも礼儀正しい口調で 同じことを言われました “緑茶には… 砂糖を入れませんので…” “日本人が無糖で飲むのは 十分存じていますが わたくしは 砂糖を入れるんです” (会場の笑い声) 私がしつこいので 彼は困って 店長のもとへ すると間もなく 彼らは長い話し合いをし 最終的に店長が謝りに来ました “あいにく 砂糖がございません…” (会場の笑い声) 私好みの緑茶がないので コーヒーを頼みました すぐさま コーヒーが運ばれ そこで見たのは 2袋の砂糖!

(続きを読む…)


「なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか」ジュリアン・アサンジ

SPEAKER:ジュリアン・アサンジ


物議を醸しているWebサイトWikiLeaksでは、極秘にされている文書やビデオを収集しています。喚問のため米国当局から追求されていると言われるWikiLeaksの創設者ジュリアン・アサンジが、TEDのクリス・アンダーソンに、サイトがどのように運営されているのか、どのようなことを達成してきたのか、そして何が彼を駆り立てているのか話しています。このインタビューには最近注目を集めたバグダッドにおけるヘリ攻撃の映像も登場します。


19:34


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
ようこそ ジュリアン あなたの作った WikiLeaksが この数年すっぱ抜いてきたものは 世界中の報道機関すべてを 合わせたよりも 多いと伺いました そんなことって あり得るのでしょうか?

あり得て いいのでしょうかねえ… 憂えますよね― 小さな活動家の一団の方が 機密情報を より多く 公開できているなんて 世界の報道機関の仕事ぶりは まずいのではないでしょうか

どういう仕組みなんですか? どう 情報を受け取り― どう プライバシーを守っているんですか?

私達が受け取る情報は おそらくは 内部告発によるものです データの受け渡し方法は いくつも用意しています 例えば最新の暗号技術を用い インターネット上で痕跡を消しつつ スウェーデンやベルギーのような 法的保護の整った国を介しながら データをあちこち転送します 普通の郵便という方法もあります 暗号化されていることもあれば されていないこともあります それを 普通の報道機関のように 裏を取り 形式を整えます データが巨大だと なかなか厄介な作業です それを世間に公表し 当然予想される 法的 政治的な攻撃から 身を守ります

(続きを読む…)


「ユーザインタフェースの未来」ジョン・アンダーコフラー

SPEAKER:ジョン・アンダーコフラー


『マイノリティレポート』の科学アドバイザであり発明家であるジョン・アンダーコフラーが、映画に出てきたあの「サイバースペースの太極拳」とでも言うべき、目を見張るようなユーザインタフェースが現実化された g-speak のデモをご覧に入れます。これは未来でコンピュータを使う方法になるのでしょうか?


15:23


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
5、6年前の Macintoshの出現は マン マシン インタフェースや コンピュータ全般の歴史の中で 驚くほど大きな 出来事でした コンピュータや計算に対する 人々の考えを 根本的に変えました 誰が どれだけの人が どんな風に使えるかを 変えたのです それは非常に大きな変化であり 実際1982年から84年頃の 初期のMacintosh開発チームは 新しいオペレーティングシステムを一から作る必要がありました そこには興味深い小さな教訓があったのですが その教訓はその後忘れ去られ 消えてしまったように見えます それはつまり OSとはインタフェースであり インタフェースとはOSである ということです アーサー王物語における国と王のように 両者は不可分なものなのです 新しいOSを作るというのは 気まぐれでできるようなことではありませんでした グラフィックスルーチンをチューンナップすれば済む話ではありません グラフィックスルーチンもなければ マウスドライバもなかったのです すべて作る必要がありました

(続きを読む…)


「”週5日の菜食主義”のすすめ」グレアム・ヒル

SPEAKER:グレアム・ヒル


ベジタリアンが環境と動物に優しいことはよく知られています。しかし、肉食文化のただ中では、ベジタリアンになることは簡単ではありません。グレアム・ヒルが強力で実行可能な提案を行います。


04:04


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2010

全文
一年ほど前に 私は自問しました 「これだけいろいろなことを知っていながら なぜ私はベジタリアンじゃないんだろう?」 私は地球に優しい人間です ヒッピー世代の両親に丸太小屋で育てられました 環境保全サイトtreehugger.com を立ち上げました 環境問題には関心があります 毎日ハンバーガーを一つ食べるだけで 死の危険が30%増加することも知っていました 動物への虐待については 毎年 肉のために飼育される動物が100億頭 工場飼育されていることも知っていました 私達は偽善者です 工場環境で猫や犬など ペットを飼おうとは思いもしません 驚くべきことに 環境の見地から言えば 肉の生産で生じる温暖化ガスの量は 自動車 電車 航空機 バス 船など あらゆる交通手段からの温暖化ガスの量よりも多いのです 牛肉の生産は 野菜の生産の 100倍の水を必要とします

(続きを読む…)


「子供たちに食の教育を」ジェイミーオリバー

SPEAKER:ジェイミーオリバー


ウエストヴァージニア、ハンティントンでのアンチ肥満プロジェクトにおける物語を語りながら、TED prize 受賞者のジェイミー・オリバーが我々の食への無関心に反旗を翻します


21:58


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
残念ながら ここで18分お話する間に 4人のアメリカ人が 死ぬのです 食が原因です

僕はジェイミーオリバー 34歳です イギリスのエセックス出身です ここ7年間 人の命を救うために 努力してきました 僕は医者ではなく シェフです 高価な設備もなければ 薬もなし 情報と教育だけです

(続きを読む…)


「健康はあなたの住む場所次第」ビル・ダベンホール

SPEAKER:ビル・ダベンホール


あなたの住む場所は遺伝や食習慣と同じようにあなたの健康に大きな影響を与えます。しかしそれはカルテには載っていません。TEDMEDでビル・ダベンホールは地理データ(心臓発作レートから有害廃棄物の情報まで)がどのように携帯電話のGPSと組み合わさり、医者たちにその情報を与えれるかを説明します。それを“地理医学”と呼びます。


09:25


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
地理情報はあなたを 健康にできるのでしょうか 2001年 私は心臓発作という 列車にはねられました 気がつくと 集中治療病棟にいて 緊急手術からの回復中でした 私には 何がなんだかわかりませんでした 自分に問いました ”なんで私が?” “なぜ今?” ”なぜここなのか?” “医者は警告できなかったのか?”

(続きを読む…)


「100歳を超えて生きるには」ダン・ベットナー

SPEAKER:ダン・ベットナー


健康と長寿への道を見出すために、ダン・ベットナーとチームは、世界中の長寿者が元気と活力のある生活を送っている社会、「ブルーゾーン」を研究しています。TEDxTCで、長寿者がかくしゃくと100歳を超えて過ごすための9つの共通の食習慣と生活習慣を話します。


19:39


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
Danish Twin Studyと呼ばれる研究によれば 生物学的限界内で 平均的なヒトが生きる寿命の わずか10%だけが遺伝的に決まるそうです 残りの90%は生活習慣によって決まります ブルーゾーン(長寿地域)の前提はこうです:もし我々が 長寿に最適な生活習慣を 発見できれば、長生きの処方箋を 見つけたことになる

(続きを読む…)


「次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー」プラナフ・ミストリー

SPEAKER:プラナフ・ミストリー


TEDIndiaでプラナフ・ミストリーが、SixthSenseデバイスの詳細をはじめ、パラダイムシフトを起こす新しい紙のノートPCなど、日常生活とデータの世界の交流を可能にするツールの数々を見せてくれます。ステージ上でのQ&Aでは、SixthSenseの可能性をすべての人が手にできるよう、ソフトウェアをオープンソースにする予定であると語っています。


13:51


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
私たちは 身の回りのモノに触れて育ってきました 私たちが日常生活で使うモノは ものすごく沢山あります コンピュータ機器の多くとは違い 日常生活のモノというのは 使うのが楽しいものです 日常生活のモノについて話題にするとき それに付随してくるものがもう1つあります ジェスチャーです それらのモノをどうやって扱うのか 実生活でそれらのモノをどう使うのか ジェスチャーはモノに対してだけ使うわけではありません 人に対しても使います 「ナマステ!」のジェスチャーは 誰かに敬意を示すときにします インドの子供なら これはクリケットの「4ラン」だと 教えられなくとも知っています 生活の中で自然に学び取るのです

(続きを読む…)


「私のホームレス体験」ベッキー・ブラントン

SPEAKER:ベッキー・ブラントン


ベッキー・ブラントンは、一年間バン暮らしながら旅をして回ろうと考えました。しかし鬱になり、フリーランスの職を失った時、彼女のキャンプ旅行はホームレス状態に変わりました。この個人的トークで、彼女は自分がアメリカのワーキングホームレスの一人になった時の体験を語ります。


07:10


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
私は作家兼ジャーナリストです そしてものすごく好奇心も強いんです ジャーナリストとしての22年間 たくさんのことを覚えてきました そして3年前には 透明人間になったのです 私は「働くホームレス」になったのです 同じ年の2月、父が亡くなり、 私は新聞の編集員の仕事を辞めました そして旅行する事にしました 父の死はつらかった そして旅の間に、感じたい事、やりたい事がたくさんありました

(続きを読む…)


「我々に影響を与える4つの音について」Julian Treasure

SPEAKER:Julian Treasure


効果音を流すことは楽しくもあり不愉快でもあります。ジュリアン・トレジャーは音が我々に与える代表的な4つの影響について語ります。騒がしいオープンオフィスについてのショッキングな事実をよくお聞きください。


19:26


日本語字幕
Viewsubtitleをクリック/Japanese

TED2009

全文
この5分ほどでみなさんと 音との関係をがらっと変えてもらおうと思います まず、たいていの周りの音は偶然だということに注目しましょう そして多くは不快なものです(雑踏の音) 街角に立って、騒音が聞こえないふりをして こうやって叫んでます このように音に打ち勝とうとする行動は 主として無意識に行われていることがわかります

(続きを読む…)